Web-EDI の自動化を実現:電子部品・コネクターメーカー A社
製品導入事例 : ブラウザ操作の自動化プラットフォーム:ADOS SiteArc
電子部品:コネクターメーカー A社

製品導入までの背景
〜増え続ける Web-EDI への対策〜

パソコンやインターネットなど、既存インフラのまま安価に利用できる Web-EDI による取引が増加してきました。取引先によっては、既存の VAN-EDI を廃止し、Web-EDI の取引に変更するところもあります。今後も Web-EDI を利用する取引先は増える傾向にあります。
課題と要望
〜Web-EDI による増え続ける人的コストを自動化で削減したい〜

電子部品コネクターメーカー A社様では、複数の課題がありました。


そこで、各 Web-EDI の処理操作を自動化するという結論となりました。

ソリューション
〜Web ブラウザ操作自動化プラットフォーム ADOS SiteArc を選択〜

Web-EDI を自動化することで課題を解決できると判断し、いくつかのソリューションを調査し検討しました。そして、ADOS SiteArc を導入することにしました。導入の決め手となったのは


製品詳細URL:
http://www.a-dos.com/modules/smartsection/category.php?categoryid=4

ADOS SiteArc で、Web-EDI に関わるブラウザ操作の自動化を実現し、対象となる複数の Web-EDI サイトの以下処理操作を自動化しました。



導入効果
〜煩雑な Web-EDI に関する一連の定型業務を自動化〜

ADOS SiteArc を導入することにより、本来人が行う必要のない、Web-EDI に関するブラウザ操作の自動化を実現しました。導入前は、担当者が作業する必要があり、作業コストが増大し、ミスも発生していました。また、担当者が休んだ日は、別の担当者が操作する必要があるため独自の操作マニュアルを準備していました。また、担当者の異動が多く、その都度引継ぎを行っていました。現在ではこれらの作業もなくなり、担当者は従来の作業に集中することができ、転記ミスなどによる取引先への対応もなくなりました。


今後の展望
〜今後は全ての Web-EDI の自動化へ〜

今回一部の Web-EDI を自動化することにより、最小限のコストで導入効果が明確になりました。また、自動化プロセスやノウハウを把握することができました。今後は、Web-EDI による取引全てを自動化していく予定です。ADOS SiteArc の導入により、既存の Web-EDI 業務を自動化するだけではなく、将来的に増加が予想される Web-EDI による取引も自動化することができると考えています。







お問い合わせ先
アドス セールスプロモーション部
E-mail:sales@a-dos.com