メインメニュー
プレスリリース : アドス、新サーバ「ADOS Hestia」の対向テストサイトを公開し B2B の相互接続運用に貢献
リリース日: 2005-11-4

株式会社アドス(本社:横浜市中区 / 代表取締役:村椿和彦、以下:アドス)は、自社で開発した、新サーバ「ADOS Hestia (アドス・ヘスティア)」の相互接続運用テストサイトをソリューションベンダーやシステムインテグレータ向けに公開します。これは、ロゼッタネットを始め、ADOS Hestia が対応している B2B 標準規格を使用した対向テスト用のサイトで、B2B ソリューションの相互接続運用に大いに貢献するものです。

現在対応可能な B2B 標準規格は、電気・電子ハイテク関連企業で利用されている RosettaNet 標準における全バージョン、全 PIP 、石油化学業界で利用される CEDI、CIDX です。また、日用・化粧品業界のプラネットで利用される EDIINT-AS2 にも別ソリューションにて、同様にテストサイトを公開する予定です。アドスでは、対向先とのテスト要件やデータなどの定義を協議後、2 日以内にサーバー疎通の準備を整えることが可能です。今後は、ebXML など、ニーズの高い様々な B2B スタンダードプロトコルに順次対応する予定です。

ADOS Hestia はロゼッタネットの環境情報種である PIP2A13 にも対応し、アプリケーションサービスプロバイダでの使用にも対応可能な、スケーラブルかつセキュアなソリューションを実現しており、その販売価格は 300万円(税別)からとなっています。

■ ADOS Hestia の主な機能

  • ロゼッタネット標準に 100% 準拠
  • HTTP / HTTPs
  • RNIF 1.1, 2.0
  • 同期 / 非同期通信
  • ファイル添付(1GB 以上)
  • 電子署名の添付
  • メッセージの暗号化(Payload/Container)
  • 圧縮
  • PIP の DTD / メッセージガイドラインに従ったバリデーション
  • PIP の W3C XML スキーマに従ったバリデーション

■ その他
  • 送受信データをマッピングする機能や PIP との紐付けを Web クライアントから設定可能
  • JMS または RMI により任意の外部 EIS(Enterprise Information Systems)と接続し、PIP メッセージの効率的な受け渡しが可能
  • Web クライアントからマネジメントコンソールである HestiaCommander に接続し、Hestia をカスタマイズすることが可能
  • SDK を利用して HestiaCommander にスクリプトや拡張コンポーネントを追加可能
  • ビジネスプロセスの PIP を自動生成する Eclipse プラグイン

■ 関連URL
ADOS Hestia について
ADOS Hestia の特長
ADOS Hestia 開発者情報サイト

【お問い合わせ先】
株式会社アドス
URL : http://www.a-dos.com
E-mail : sales@a-dos.com
担当:加古(かこ)

* 文中の会社名、商品名は、各社の商標又は登録商標です。

Copyright © 2003-2013 ADOS Co.,Ltd. All Rights Reserved.